銃撃と偽り業務妨害疑い 自殺未遂の男、書類送検

産経ニュース
埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)
埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)

河川敷で拳銃自殺を図ったのに「撃たれた」と偽り、殺人未遂事件として無用な捜査をさせたとして、埼玉県警は19日、偽計業務妨害の疑いで、東京都豊島区の無職、中島恒巳被告(57)=銃刀法違反罪で起訴=を書類送検した。県警によると、自殺未遂と知られるのが嫌で「見えを張ってしまった」と容疑を認めている。

中島被告は9月19日、同県朝霞市の荒川河川敷で負傷して倒れているのが見つかった。当初は「知人に撃たれた」と話していたが、捜査で川底から拳銃が見つかり「自殺するためだった」と説明を変えた。県警は10月、銃刀法違反(所持)の疑いで逮捕した。

書類送検容疑は、発砲したとされる容疑者を探すなど不必要な捜査をさせ、県警の業務を妨害したとしている。

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘