高品質の有田みかん食べて PR隊が産経支局に来訪

産経ニュース
高品質の「有田みかん」をPRするキャラクター「あり太くん」(中央)=和歌山市
高品質の「有田みかん」をPRするキャラクター「あり太くん」(中央)=和歌山市

和歌山県の有田市職員や市特産「有田みかん」のキャラクター「あり太くん」でつくるPR隊が19日、和歌山市の産経新聞和歌山支局を訪れ、「有田市認定の高品質な有田みかんを食べて」とアピールした。

市は平成22年度から、さらなる有田みかんのブランド化を目指し、原産地呼称管理制度を導入。糖度などの条件をクリアし、食味審査に合格した有田みかんに「有田QUALITY」のマークを付けて厳選出荷している。

PR隊は「今年は夏、雨が多かったですが、例年通りの高い品質に仕上がりました」と話している。販売場所などの問い合わせは市ふるさと創生室(0737・22・3648)。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」