地元の自民・長島氏 武蔵野市「外国人住民投票」条例に「『民意を無視して暴走している』と言われても仕方ない」

zakzak
長島氏は、住民投票条例案の撤回を求めている
長島氏は、住民投票条例案の撤回を求めている

東京都武蔵野市の松下玲子市長は19日、市議会での施政方針演説で、外国人にも日本人と区別せずに住民投票権を認める条例案を提出する意向を表明する。「外国人参政権の代替制度になりかねない」といった懸念の声が広がるなか、地元選出の長島昭久元防衛副大臣(自民党)に聞いた。

「疑問や怒りの声が多数寄せられても、松下市長は条例案を提出するようだ。ここで立ち止まらなければ、『民意を無視して暴走している』と言われても仕方ない」

長島氏は、夕刊フジの取材にこう語った。

条例案には「満18歳以上で3カ月以上、市に居住すれば、外国人でも住民投票の投票権を認める」などとある。定住外国人とは、特別永住者のほか、留学生や技能実習生らも含むという。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…