オムロン、蓄電システム設置の住宅で火災3件 1万4千台リコール

産経ニュース

オムロンは19日、発火の恐れがあるとして7月から無償交換している蓄電池システムを設置した住宅で火災が計3件確認されていることを明らかにした。出火原因を調査中で、人的被害は出ていないという。

システムは住宅敷地内に置き、主に太陽光パネルと組み合わせて使用する。無償交換の対象は平成29年6月から令和元年9月までに製造した1万4853台。オムロンのほか、東芝や長州産業(山口県山陽小野田市)の「CICソラトモ」ブランドでも販売された。

オムロンブランドで販売した製品の型式は「KP―BU65―A」など。問い合わせはフリーダイヤル0120・330・079。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 9年ぶり復活タフネスケータイ「G'zOne」10日発売 バイク乗りや釣り人歓迎「タフネス携帯一択」「トルクからの乗り換え候補」「iPhoneででたら即買い」

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【実録・人間劇場】ニュー西成編(4) 「ユンボの手元」…解体現場での背筋が凍る話 寄せ場は快適?晩飯は抜群にうまい手作りビュッフェ

  5. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人