バスケ女子、2022年W杯予選を大阪で開催

産経ニュース

日本バスケットボール協会は18日、大阪が来年の女子ワールドカップ(W杯)予選開催地の一つに決まったと発表した。

予選は大阪・おおきにアリーナ舞洲のほか、セルビアのベオグラード、米国のワシントンで来年2月10~13日に開かれる。日本を含め、各大陸から16チームが参加。4チームずつ4組に分かれて争い、各組上位3チームが9月にシドニーで開幕するW杯本大会に進出する。既にW杯出場権を得ている開催国のオーストラリアと東京五輪金メダルの米国が入る組は進出チーム数が減る。

組み合わせ抽選は11月23日に行われる。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走