1965年マルコムX暗殺、新証拠で2人の有罪判決を破棄

産経ニュース
米ワシントンで報道陣に話すマルコムX=1963年5月16日(AP=共同)
米ワシントンで報道陣に話すマルコムX=1963年5月16日(AP=共同)

米ニューヨーク州の裁判所は18日、1965年の黒人運動指導者マルコムX暗殺をめぐり、殺人罪で起訴され服役した3人のうち2人の有罪判決を破棄した。米メディアが伝えた。検察当局は17日、再捜査で2人が暗殺に関与していない新たな証拠が見つかったとして、起訴を取り下げると発表していた。

2人はムハンマド・アジズ氏(83)と故ハリル・イスラム氏=2009年に死去。両氏とも1980年代に保釈された。実刑判決を受けた3人のうち有罪を認めていたトーマス・ヘーガン氏も、2人の無罪を主張していた。

アジズ氏は18日、自らの有罪判決について「決して起きてはいけないことだった」と強調。検察幹部は、捜査当局の責任を認め謝罪した。

昨年、米動画配信大手が暗殺の真相に迫るドキュメンタリーを配信し、捜査に疑問を呈したことを契機に検察が再捜査に着手。連邦捜査局(FBI)とニューヨーク市警が、無罪に結びついた可能性のある証拠を隠していたことも判明した。(共同)

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  3. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿