西武・平良が更なる飛躍へ「理想は4球種あったら25%ずつ。絞られづらいと思うので」

サンスポ
トレーニング中にひと休みの西武・平良(球団提供)
トレーニング中にひと休みの西武・平良(球団提供)

西武の平良海馬投手(22)が19日、所沢・カーミニークフィールドで午前9時半から始まった秋季練習でキャッチボールやウエートトレーニングなど別メニューで汗を流した。

シーズン終盤に「治ったり、また痛くなったりっていう繰り返しで」と右足首に違和感が発生。「いらない骨があったのでどうせなら取っちゃおう」と10月23日に右足首の手術を受けた。現在はすでに傾斜でのブルペン投球や、9割の力でのランニングを再開するなど「言っちゃえばほぼ治っているようなもの」と順調な回復ぶりをアピールした。

今季は開幕から39試合連続無失点のプロ野球記録の樹立やパ・リーグでは初となる同一シーズンでの「20セーブ&20ホールド」をマーク。東京五輪では金メダルに輝くなど充実の一年となった。それでも右腕は現状に満足する様子はなく「特別にいいストレートっていうわけじゃないので」と自己評価。「理想は4球種あったら25%ずつ。絞られづらいと思うのでそういう所を目指してやりたい」と更なる飛躍へ意欲的に語った。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗