中国、リトアニアに報復方針 「台湾代表処」開設に

産経ニュース
「駐リトアニア台湾代表処」のプレートの前でポーズを取る職員ら=18日(台湾外交部提供・共同)
「駐リトアニア台湾代表処」のプレートの前でポーズを取る職員ら=18日(台湾外交部提供・共同)

【北京=三塚聖平】中国外務省は18日夜に発表した報道官談話で、台湾当局がリトアニアに出先機関の「台湾代表処」(大使館に相当)を同日立ち上げたことに対し「強烈な抗議と断固とした反対」を表明した。その上で「一切の必要な措置をとり、国家主権と領土を守り抜く」と強調し、リトアニアに対して報復措置をとる方針を示した。

談話は、リトアニア政府が「中国の強烈な反対と、数度の制止をとりあわずに設立を許可した」と主張。リトアニア側に「中国の主権と領土を損ない、中国の内政に乱暴に干渉し、極めてたちが悪い」と猛反発し、速やかな見直しを求めた。

台湾側に対しても「外国に頼り『独立』をたくらむことは見込み違いであり、失敗の末路を逃れることはできないと決まっている」と非難した。

台湾代表処の設置計画は7月から進められていた。中国は8月に駐リトアニア中国大使の召還を決め、リトアニア側にも駐中国大使を引き揚げるように求めていた。実際に設置されたことで、さらなる報復措置に出る。欧州では台湾との結びつきを強める動きが活発になっており、中国は警戒を強めている。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  3. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿