1975 エンタメプレイバック

インスタント麺CMのキャッチフレーズ「私作る人、僕食べる人」 ジェンダー観点から広告が問題視された最初の事例

zakzak

1975年、某食品メーカーのインスタントラーメンのCMのキャッチフレーズが世間を騒がせた。「私作る人。僕食べる人」がそれだ。

このキャッチフレーズが、「男女の役割分担を固定化するものである」だとして、女性団体から抗議を受け、約2カ月で放送中止となった。簡単にいえば「なぜ作るのが女性で、食べるのが男性なんだ」ということが問題となったわけで、日本において、ジェンダーの観点から広告が問題視された最初の事例とされている。

この騒動を振り返るとき、60年代の後半から70年代前半にかけて、全世界を席巻した「ウーマンリブ」活動と切り離して考えることはできないだろう。ウーマンリブは、アメリカではベトナム反戦運動や公民権運動と連動して盛り上がったが、日本では全共闘運動の中で熟成された。

よく知られるのは「中絶禁止法に反対しピル解禁を要求する女性解放連合」、いわゆる「中ピ連」だ。後に「日本女性党」へと発展し、77年の参院選に候補者を出すに至ったが全員落選。これを機に中ピ連と日本女性党は解散することになる。

このCMに抗議の声を上げたのは、参院議員の市川房枝らの呼びかけで結成された「国際婦人年をきっかけとして行動を起こす女たちの会」だった。この抗議には賛否があったが、団体が抗議を面白おかしく取り上げた雑誌に対して「反論権」を掲げて訴訟を起こしたことなどで、ジェンダーへの意識が広がったとも評価されている。

しかし、ジェンダー意識が高まったとはいえ、今でもテレビCMやポスター広告が女性差別にあたると指摘されるケースが後を絶たない。それだけ、まだ日本は男性社会の因習から抜けきっていないということだ。

ちなみにこの年は、柳家小さんが出演した「あさげ」(永谷園)の「これでインスタントかい?」や、おもちゃの猿がパンチングボールをたたき続けるという「ダイヤモンド生命」(明治生命)の「アイム・ア・チャンピオン」、働く人たちを映し出した「新グロモント」(中外製薬)の「ちかれたびー」といったCMのキャッチフレーズが流行している。

■私作る人、僕食べる人 1975年夏からテレビ放送されたインスタントラーメンのCM。森田公一の手による軽快な曲に乗って結城アンナが「私、作る人」というと、佐藤佑介が「僕、食べる人」と返すというもの。


  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」