ヤクルト高橋奎二 CS最中に起きていた「妻・板野友美の記事削除騒動」

ポストセブン
球界でも話題の夫婦(時事通信フォト)
球界でも話題の夫婦(時事通信フォト)

11月20日からオリックスとの日本シリーズに臨むヤクルト。高津臣吾監督は1戦目に奥川恭伸(20)、2戦目に高橋奎二(24)と、今季台頭した若手2人を先発させる予定だ。高橋は今年1月に元AKB48の板野友美(30)と結婚し、10月には第一子が誕生したばかり。グラウンド内外で話題を集めるだけに、ヤクルトのみならずメディアにとっても救世主と言える選手だが、夫婦についての記事を巡って一騒動が起きていた。

11月11日、巨人とのクライマックスシリーズ(CS)2戦目に先発した高橋は6回無失点、8奪三振と力投し、巨人のエース・菅野智之(32)との投げ合いを制した。試合後のヒーローインタビューでは、観戦に訪れていた板野について話を振られると「無事に子供もできて、2人で切磋琢磨して頑張っているのでいい結果になって本当によかったです。(家族は)宝物です」と、満面の笑顔を見せた。SNS上には中継を見たファンから〈ともちんきてたのか〉〈めっちゃ惚気るやん〉と、祝福のコメントが相次いだ。

板野は結婚後初の球場観戦だったこともあり、スポーツ紙各紙は〈ヤクルト高橋がお立ち台で妻の板野友美に手を振り「宝物です」と叫ぶ〉〈板野友美も応援来た〉とタイトルに板野の名前を出して、ネットで速報した。

だが、現在、これらの記事はいずれも削除されるか、タイトルと内容が変更されている。理由についてスポーツ紙デスクが語る。

「球団職員から連絡があり、各社一斉に記事を取り下げたと聞いています。残っている記事もタイトルと文章から板野さんに関する記述を削除しています。球団からの“お願い”については知っていたものの、正直、テレビで流れたヒーローインタビューを報じるくらいは許してくれるかと思ったんですが……」

球団からの“お願い”とは何か。キー局スポーツ担当が解説する。

「今年のシーズン開幕前に、各メディアの記者は球団から“高橋投手に関する報道には板野さんの名前を出さないように”と内々に言われていたんです。その直前に、あるスポーツ紙が高橋投手の特徴をAKB48の代表曲『ヘビーローテーション』の歌詞に絡めて記事にしていたので、担当記者界隈では“あの記事が球団の怒りを買ったからでは”と、もっぱらです」

球団に事情を聞くと、「スポーツ報道で板野さんの名前を出さないようにお願いしたのは事実です。結婚後、しばらく経っても高橋の記事で板野さんのお名前を出している記事が多かったので。球団としてスポーツはスポーツで、芸能は芸能で分けて報じるべきだと考え、先方の事務所と相談して担当記者にお願いしました。ただし、記事の削除をお願いした事実はありません」(広報部)との回答があった。

報道でのヘビーローテーションはほどほどに。

関連記事
  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は