NY原油大幅続落、78ドル台 約1カ月ぶり安値

産経ニュース
米ニューヨーク証券取引所(AP)
米ニューヨーク証券取引所(AP)

17日のニューヨーク原油先物相場は大幅続落し、指標の米国産標準油種(WTI)の12月渡しが、前日比2・40ドル安の1バレル=78・36ドルで取引を終えた。10月上旬以来、約1カ月ぶりの安値水準。

米国が戦略石油備蓄を放出するとの観測から、売り注文が膨らんだ。国際エネルギー機関(IEA)が16日に、産油量の増加で原油価格の上昇が一服する可能性があるとの見通しを示したことも売りを誘った。(共同)

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…