「SUPER RICH」に声優・山口勝平がゲスト出演 振り返り動画は町田啓太が担当

iza
山口勝平(C)フジテレビ
山口勝平(C)フジテレビ

声優の山口勝平がフジテレビ系ドラマ「SUPER RICH」(木曜後10)の第7話(25日放送)に出演することが18日、発表された。山口は物語の舞台となる「スリースターブックス」移転のための一大プロジェクトに関わるキーパーソンを演じる。

女優の江口のりこが主演を務める同作は、ベンチャー企業の破天荒な女性社長を主人公に、幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求めるキャリアウーマンの半生を描く完全オリジナルドラマ。ビジネスパートナーである一ノ瀬亮(戸次重幸)の裏切りにより、信用や財産を全て失うも、古い一軒家を借りて電子書籍を扱う「スリースターブックス」を再始動させた氷河衛(江口)。事業が順調に成長していくなか、第5話(11日放送)から新章へ突入した。社長の衛や、留学から帰国した春野優(赤楚衛二)をはじめとする「スリースターブックス」の仲間たちが、会社をより大きく成長させるために奔走する姿が描かれている。

25日放送の第7話には、山口が人気漫画家の野田役でゲスト出演。再出発した「スリースターブックス」が、あと少しで元のオフィスビルへ移転できるという状況のなか、電子書籍部門の編集長である碇健二(古田新太)肝いりの一大プロジェクトの中心となる人物だ。新しいもの好きな性格で、旧知の仲である碇が提案した斬新な企画を歓迎するが、企画進行中にある大きな問題が発生する。

山口は、1989年にテレビアニメ「らんま1/2」の早乙女乱馬役で初主演を果たし、声優としての本格的なキャリアをスタート。映画「魔女の宅急便」(89年)のトンボ役や、「名探偵コナン」の工藤新一/怪盗キッド役、「犬夜叉」の犬夜叉役、「ワンピース」のウソップ役など、数々の名キャラクターを演じてきた。山口が同局のドラマに出演するのは今回が初めてで、「今回は(碇健二役の)古田新太さんと結構絡みのある役で、しゃべることができてうれしかったです。まだまだ慣れない撮影現場なので緊張しましたが、キャスト、スタッフの皆さんが優しくて、楽しく臨めました」と撮影を振り返った。

また、18日の第6話放送後には、衛の秘書的存在で「スリースターブックス」の人事責任者を務める宮村空役の町田啓太が第6話を振り返る特別動画を配信。放送終了後から19日24時までの期間限定で、フジテレビ公式YouTubeチャンネルで公開される。撮影中のエピソードや次回の見どころなどをたっぷり語り尽くす内容となっている。なお、ネタバレも満載ということなので、本編視聴後に楽しむのがよさそうだ。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判