前澤友作氏「最終試験。。。受かったぁぁぁぁぁーーー」100日間に及ぶ訓練終了 19日カザフ入り、12・8宇宙へ 

サンスポ
民間宇宙飛行士としての最終試験に合格した前澤氏。あとは最終調整しながら来月8日の出発を待つ(C)Yusaku Maezawa
民間宇宙飛行士としての最終試験に合格した前澤氏。あとは最終調整しながら来月8日の出発を待つ(C)Yusaku Maezawa
前澤氏(左端)と同乗するミシュルキン氏(中央)、平野氏(C)Yusaku Maezawa
前澤氏(左端)と同乗するミシュルキン氏(中央)、平野氏(C)Yusaku Maezawa

日本人民間宇宙飛行士として初の国際宇宙ステーション(ISS)渡航・滞在を目指しているファッション通販サイトZOZO創業者で実業家、前澤友作氏(45)は17日、ロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センターで行われた最終試験に合格したと発表した。これまで訓練は約100日間にわたっており、これで12月8日からの宇宙旅行の〝切符〟を最終的に手にした。

前澤氏の「子供の頃からの夢」の実現が、秒読み段階に入った。自身のツイッターで「最終試験。。。受かったぁぁぁぁぁーーー」と、喜びを爆発させた。

前澤氏は、同乗する前澤氏の関連会社役員の平野陽三氏、操縦士のアレクサンダー・ミシュルキン宇宙飛行士ともども、16日に行われた最終試験に合格した。

宇宙飛行に向けて訓練する前澤友作氏ら(C)Yusaku Maezawa
宇宙飛行に向けて訓練する前澤友作氏ら(C)Yusaku Maezawa

最終試験は、本番を想定した実技が試された。ISS内での1日のスケジュールで決められた作業を時間通りにこなせるか、火災などの緊急事態に対応できるかなどの項目だったという。

これで晴れて「宇宙飛行士」の仲間入りした前澤氏らは、打ち上げが行われるバイコヌール宇宙基地(カザフスタン)に19日に入る。25日にはニッポン放送のラジオ特番「前澤友作のオールナイトニッポンGOLD」(後10・0)にリモートで生出演の予定。そして12月8日、ソユーズ宇宙船「MS-20」で旅立つ。地球への帰還は同20日だ。

前澤氏はこれまで、訓練の様子をたびたびツイッターで報告してきた。10月29日には、宇宙服のサイズ合わせを行ったと投稿。膝を抱えるような姿勢の写真とともに、「このままの姿勢で約2時間過ごしてみて、痛い部分や気になる部分などを先生に伝えていきます」と書き込んだ。

ISS滞在中、さまざまな〝実験〟を行う。事前に「宇宙でやってほしい100のこと」を公募。「無重力トイレに挑戦」「けん玉チャレンジ」「おしっこ水を飲んでみる」「宇宙旅行にかかった費用を大公開⁈」などが採用されている。これらの模様は自身のYouTubeチャンネルで公開予定という。

今回の宇宙旅行の費用は明らかにされていないが、100億円近いのではとの見方も出ている。前澤氏の〝2021年宇宙の旅〟は、まもなく始まる。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は