カワノアユミの盛り場より愛を込めて

コロナ前の日常取り戻すも…夜営業できないほど深刻な人手不足 いまや飲食店は不安定な業種に認定も

zakzak

10月25日、東京都と大阪府で飲食店の営業時間短縮要請が全面解除された。ハロウィンには渋谷やミナミに人があふれる様子が今年も映し出され、徐々にコロナ前の日常を取り戻しているようにも見える一方、大阪では深刻な人手不足が悩みの種だという。

大阪・梅田にあるバーの男性オーナーに話を聞いた。

「元々は5人のスタッフをシフト制で出勤させていたのですが、度重なる自粛や時短営業でやめさせざるを得なかった。それで解除の直前に言われても従業員が全然足りないんですよ。今は僕と店長の2人で店を回しているのですが、朝までの営業となるとさすがに体がもちません。求人も出しましたが、またいつ時短になるかわからないという人が多くて応募が来ないんです」

街に人が戻っても飲食店に人が足りないのなら、営業時間を短縮するしかないとオーナー。一方で、同じく梅田に飲食店を構える女性オーナーは時短解除されても店を開けられない理由を語った。

「本当は昨年の春にオープンだったのですが、緊急事態宣言で延期になった。やっと開けられるとなったら今度は時短要請でしょ。本当は夜営業のみの居酒屋にする予定だったのですが、ランチ営業でオープンさせました。ようやく常連のお客さんが付き始めたと思ったら、急に全面解除。夜だけアルバイトを雇いたいのですが、応募は来ません。ランチ目当てに来てくれるお客さんも多いので昼をやめられない。解除されても夜営業はまだできていません」

学生やフリーターにとって飲食店は定番のアルバイトだったが、長引く時短営業の影響で不安定な業種として認定されてしまったのだ。市内の大学に通う女性はコロナ禍のアルバイトについて「第6波がいつ来るかわからないので、飲食店をやめて日払いのアルバイトをしている」と語った。

■カワノアユミ 20代を歌舞伎町と海外夜遊びで過ごす元底辺キャバ嬢。現在は国内外の夜の街を取材。著書に、アジア5カ国の日本人キャバクラで9カ月間潜入就職した『底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる』(イーストプレス)。https://www.amazon.co.jp/dp/4781616550

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿