亀田和毅のWBA世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦が12月11日に変更/ボクシング

サンスポ
亀田和毅(左端)VSヨンフレス・パレホ(右端)興行のポスタービジュアル
亀田和毅(左端)VSヨンフレス・パレホ(右端)興行のポスタービジュアル

プロボクシング元世界2階級制覇王者で「亀田3兄弟」の三男、亀田和毅(30)=3150=が闘うWBA世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦(メキシコ・エルモシージョ)は12月11日(日本時間12日)に変更になったと18日、発表された。対戦相手は元WBA世界バンタム級暫定王者のヨンフレス・パレホ(35)=ベネズエラ=で変更はない。

当初は12月4日(同5日)に対戦する予定だったが、その日はメキシコで興行が多く、統括コミッションが試合役員(レフェリー、ジャッジら)を手配できなくなったため、1週間後に変更となった。

亀田は8月から米ネバダ州ラスベガスにある、世界5階級制覇の実績があるフロイド・メイウェザー氏(44)=米国=が運営するジムで練習し、試合に備えている。15日(同16日)にはラスベガスで世界5階級制覇王者のノニト・ドネア(39)=フィリピン=とスパーリングを行うなど順調な調整を続けている。

試合日程の変更にも「海外ではよくあることだし、そういう経験をたくさんしてきた。メンタル的にも体重管理的にも順調だし、何ら問題はない。しっかり勝って、次につなげたいと思う」と動じていない。

試合はメインイベントで、1万人収容の会場に5000人を上限に観客を入れて行われる予定。プロ戦績はWBA世界スーパーバンタム級6位の亀田が40戦37勝(20KO)3敗、同級10位のパレホが29戦24勝(12KO)4敗1分け。

  1. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  2. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは

  5. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか