テレビ用語の基礎知識

「就活」 テレビ局は目を輝かせた若者を失望させないで 今こそ抜本的改革に取り組むべき時代

ZAKZAK

いまテレビ局では新卒採用の真っただ中です。大学で講師として教えている私のところには、学生たちから「エントリーシートはどう書けばいいのか」「面接でどんなことを話すか」などの相談や、「○次面接受かりました」とか「筆記試験でダメでした」などの結果報告が入ってきたりしています。

学生たちはホントにやる気に満ちあふれていて、うれしくなります。

私がテレビ局を受けたバブル時代にはテレビ局はものすごい人気で、倍率も異常に高く、ほぼ宝くじに当たるような確率でした。なぜ自分が採用されたのかいまだによく分からないのですが、令和の今でもかつてほどではないとはいえ、優秀な学生さんたちがテレビ局を志望してくれていて、それなりに人気なのはありがたいことです。

傾向としては、女の子のほうが多いような印象ですね。そしてドラマ制作志望の人が圧倒的に多い感じです。われわれの世代には報道志望やバラエティー志望が結構多かったような気がするのですが、今はあまりいないみたいです。若い人にニュースやバラエティーがいかに刺さっていないか、ということの表れかもしれませんね。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月18日OA第94話あらすじ 自分の店を諦めようとする暢子(黒島結菜)に、良子(川口春奈)らがある提案を…

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 島田陽子さん逝く…大腸がん闘病3年69歳 ヘアヌードに不倫…清純派から壮絶人生

  4. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  5. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー