公明・北側氏、児童手当の所得制限見直しに慎重

産経ニュース
公明党・北側一雄副代表(春名中撮影)
公明党・北側一雄副代表(春名中撮影)

公明党の北側一雄副代表は18日の記者会見で、児童手当の所得制限見直しに慎重な姿勢を示した。自民党の高市早苗政調会長は17日、児童手当の所得制限の判断基準を「世帯で最も年収が高い人」から「世帯合算」に変更すべきとの考えを示したが、北側氏は「迅速に給付していく観点から、合算するのはいかがなものか」と語った。

北側氏は、世帯合算を導入すれば自治体の負担が増加するとして「迅速性に欠けることもあり得る」との懸念も示した。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走