JC、有馬は1着4億円に JRA、来年から1億円増

産経ニュース
第65回有馬記念のクロノジェネシス(代表撮影)
第65回有馬記念のクロノジェネシス(代表撮影)

日本中央競馬会(JRA)は18日、国内最高賞金レースのジャパンカップ(JC)と有馬記念の1着賞金を来年から1億円増やし、4億円にすると発表した。JCは2015年、有馬記念は16年以来の増額となる。

海外では、サウジカップの今年の1着賞金が世界最高の1千万ドル(約11億4千万円)、ドバイ・ワールドカップが696万ドル(約7億9300万円)、凱旋門賞が285万7千ユーロ(約3億6900万円)。JRAは「競走内容の充実に賞金の持つ意味は大きく、海外の主要競走に対する競争力を高めるため」と増額の理由を説明した。

また春秋の天皇賞、宝塚記念、大阪杯の1着賞金が2億円となるなど、GⅠの全24競走中、日本ダービー(1着2億円)と2歳戦の3競走以外の20競走の賞金が増額されることになった。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月8日OA第49話あらすじ ソロフライト訓練の着陸で舞(福原遥)はまたもセンターラインを外し…

  4. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」大河内教官(吉川晃司)を擁護する声続出「フェイルさせて平気なわけじゃないのが背中でわかる」