北の人権侵害非難決議は「国際社会の懸念の表れ」

産経ニュース
記者会見する松野官房長官=18日午前、首相官邸
記者会見する松野官房長官=18日午前、首相官邸

松野博一官房長官は18日の記者会見で、国連総会の委員会が、拉致問題など北朝鮮による人権侵害を非難する決議案を採択したことについて「国際社会が強い懸念を有していることの表れだ」と述べた。

松野氏は「拉致問題の即時解決へより多くの国々の理解と支持を得るべく、引き続き努力をしていく」とし、国連総会本会議での採択に期待感を示した。

今回の決議は日本などが共同提案し、米国で開催中の国連総会第3委員会で17日に採択された。拉致被害者とその家族らが高齢化する中で「全被害者を即時帰還させることの緊急性と重要性」を強く訴えた。北朝鮮をめぐる同趣旨の決議は17年連続の採択となった。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿