首相、広島・長崎市長と面会

産経ニュース
岸田文雄首相を表敬訪問する松井一實広島市長(中央)、田上富久長崎市長=18日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)
岸田文雄首相を表敬訪問する松井一實広島市長(中央)、田上富久長崎市長=18日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は18日、官邸で広島市の松井一実市長と長崎市の田上富久市長と面会した。首相は核兵器のない世界の実現に向けて「しっかりと成果が得られるように頑張っていきたい」と述べた。松井、田上両氏が首相と面会後、記者団に明かした。

首相は、一切の核兵器の保有や使用を禁止する核兵器禁止条約について「バイデン米大統領と信頼関係をしっかり構築し、(核保有国と非核保有国との)橋渡し役をする手順を踏みながらきちんと考えたい」と応じたという。

松井氏は「多くの被爆者の年齢を考えると時間がない。核兵器のない世界に向けて対応を急いでほしい」と訴えた。

首相は被爆地である広島選出の国会議員で、核兵器のない世界の実現への思いは強い。15日には国連の中満泉事務次長兼軍縮担当上級代表と面会しており、核軍縮に向けた国際的な取り組みをけん引していく決意を示している。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  3. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿