作編曲家・服部克久さんの音楽を継承するコンサートに東山紀之らが出演

サンスポ
「Concert for Katsuhisa Hattori サウンドメーカー服部克久の世界」に出演した左からさだまさし、服部隆之氏、東山紀之=東京・初台
「Concert for Katsuhisa Hattori サウンドメーカー服部克久の世界」に出演した左からさだまさし、服部隆之氏、東山紀之=東京・初台

昨年6月に死去した作編曲家、服部克久さんが世に送り出した音楽を継承するイベント「Concert for Katsuhisa Hattori サウンドメーカー服部克久の世界」が17日、東京・初台の新国立劇場で開催された。

16日から2日間にわたり、克久さんの長男・服部隆之氏率いる総勢70人のポップスオーケストラと、故人と縁の深い18組のアーティストが思い出深い「1曲」を披露。17日は東山紀之が「君にこの歌を」、さだまさしが「黄昏迄」、松山千春が「電話」、森山良子が「この広い野原いっぱい」などを歌った。

東山はステージ上で「先生(克久さん)は昭和11年11月1日生まれなのですが20代、30代を通して、先生の誕生日をお祝いするのが僕の恒例行事でした。一度、広島でお誕生日祝いをしたとき、広島カープの高橋慶彦選手に非常においしい焼き肉屋を教えていただき、先生と一緒に行ったんです。そのお店のお肉が本当にとてもおいしくて、先生のうれしそうな笑顔を今でも思い出します」と振り返った。

2日目の模様は12月17日、BS-TBS「コンサート『サウンドメーカー服部克久の世界』」(後9・0)で放送される。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故