TV視てますか?

令和版「必殺仕事人」 映画なみの面白さ、悪役は内閣官房 フジテレビ月10ドラマ『アバランチ』

zakzak

メンバーに加わることになる福士蒼汰もまた、正義感の強さがあだとなって捜査1課から同室へ左遷された。綾野と高橋のアクションはめっぽう切れ味がいい。令和版『必殺仕事人』といえば話が早いが、毎回、悪を懲らしめる究極の方法は「ネット生中継」。スッキリだ。

「悪代官」側(?)は内閣官房副長官の渡部篤郎と、彼の指示でアバランチの正体を調べる内閣情報調査室エースの山中崇。この2人も光る。『シン・ゴジラ』の長谷川博己も「内閣官房副長官」だったが、この肩書のキャラクターが存在感を放つドラマは俄然(がぜん)、引き締まる。さらに週刊誌記者の田島亮も登場。ますます面白くなってきた。 (新橋のネクタイ巻き)

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表