富士フイルム「チェキ」に最上位機種 100通りの撮影エフェクトに広瀬すずさん「気持ちが高まる」

産経ニュース
新製品のチェキ「inatax mini Evo」を手にする女優の広瀬すず=17日、東京都渋谷区(三尾郁恵撮影)
新製品のチェキ「inatax mini Evo」を手にする女優の広瀬すず=17日、東京都渋谷区(三尾郁恵撮影)

富士フイルムは17日、「チェキ」の愛称で親しまれるインスタントカメラの最上位機種として、「instax mini Evo(インスタックス ミニ エヴォ)」を12月3日に発売すると発表した。100通りの「撮影エフェクト」を使って情景を感じたままに表現できる。

レンズとフィルムのエフェクトを組み合わせることで、100通りのエフェクトを使って作品を仕上げることができる。本体は高級感のあるクラシックデザインを採用。レンズを絞るダイヤルやプリントレバーを搭載し、昔ながらの写真機のような操作も楽しめる。

新製品のチェキ「inatax mini Evo」を手にする女優の広瀬すず=17日、東京都渋谷区(三尾郁恵撮影)
新製品のチェキ「inatax mini Evo」を手にする女優の広瀬すず=17日、東京都渋谷区(三尾郁恵撮影)

専用アプリを搭載したスマートフォンと連携させることで、プリントした写真をフレーム付き画像としてSNSで共有することもできる。

この日の新製品発表会には、女優の広瀬すずさんが登場し、休日にベランダから撮影した空の写真を披露した。広瀬さんは「本格的な撮影ができて気持ちが高まります。レンズダイヤルをカチカチ回す音も心地よかったです」と語った。

市場想定価格は税込み2万5800円。同社では今年度のチェキの販売について、前年度比1割増を見込んでいる。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は