中3少女自殺ほう助、有罪 無職男、地裁浜松支部

産経ニュース

浜松市のキャンプ場で中学3年の匂坂絢乃さん(15)=同市=が死亡した事件で、共に自殺を図ったとして未成年者誘拐と自殺ほう助の罪に問われた無職、入江大被告(33)に静岡地裁浜松支部(大村泰平裁判長)は17日、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。

弁護側は同誘拐罪について無罪を主張、自殺ほう助罪は執行猶予付き判決を求めていた。

判決などによると、匂坂さんと会員制交流サイト(SNS)で知り合った被告は3月15日、共に自殺しようと考え、キャンプ場に設置したテントで練炭を燃やし、それぞれ睡眠薬を服用して就寝。16日午前までに匂坂さんを一酸化炭素中毒で死亡させ、自殺をほう助した。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  4. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは