ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!

感染落ち着き、冬のシーズンへ準備着々 北海道観光業を取材 ワクチン検査パッケージ活用など、岸田政権はバックアップを

zakzak

そんな中で、ようやく感染が落ち着いてきたわけですから、観光の再起動に期待が高まるのは当然です。まずは道民の道内での観光に助成する「新しい旅のスタイル」を条件緩和し来月5日まで延長しました。その後は「どうみん割」を再開させる方針で、さらに道外からの送客にはGotoトラベルなどの施策が待たれているわけです。

本州からの送客の一端を担うJR北海道によれば、北海道新幹線の利用も9月から緊急事態宣言を受けて前年比でも低調だったが、現在は徐々に回復傾向とのこと。

これから雪のシーズンを迎えるわけですが、車両に付着した雪の塊を出発前に人力で除去したり、ブラシ式の除雪車で丹念に除雪したりと対策を行っています。また、雪のみならず、つららも大敵です。このあたり、昔から豪雪・寒冷地帯に電車を走らせてきた歴史の知恵が生きています。

また、全体では減少していた昨年の観光入込客数も市町村別で見ると「民族共生象徴空間(ウポポイ)」のある白老町は19年度と比べて11・1%増でした。海を介してユーラシア大陸やアラスカなどと交易を行っていた歴史や育まれた豊かな文化などを見ると、交易路としての海の価値やその安定がいかに大事であるかも実感します。

これから本格化するウインタースポーツも含め、各地とも感染症対策をしっかりして来客を待っています。あとは、世の中の雰囲気がどう変わるか? ワクチン検査パッケージの活用など、岸田政権にできることはさまざまあるはずです。

  1. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  2. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」

  3. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  4. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  5. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか