立民代表選、西村氏が出馬表明 女性は初めて

産経ニュース
記者会見する立憲民主党の西村智奈美氏=17日午後、国会内(矢島康弘撮影)
記者会見する立憲民主党の西村智奈美氏=17日午後、国会内(矢島康弘撮影)

立憲民主党の西村智奈美元厚生労働副大臣(54)が17日、国会内で記者会見し、枝野幸男前代表の辞任に伴う代表選(19日告示、30日投開票)への立候補を表明した。泉健太政調会長(47)と逢坂誠二元首相補佐官(62)も出馬の意向を明らかにしている。

西村氏は会見で「9月の自民党総裁選で2人の女性が立候補したのはすばらしい。立民には女性のための政策を実行してきた自負がある。女性候補が出なければいけないと考えてきた」と説明した。西村氏は衆院新潟1区選出で当選6回。新潟県議や外務政務官などを歴任した。菅直人元首相が率いる「国のかたち研究会」を中心に擁立論があった。

泉氏と逢坂氏も17日、出馬会見し、代表選への意欲を改めて語った。

泉氏は「外交や経済安全保障など政権を担えるような政策を発信強化していかなければいけない。党改革の先頭に立ちたい」と訴えた。衆院京都3区選出で当選8回の泉氏は旧国民民主党出身。令和2年9月の代表選にも出馬したが枝野氏に敗れた。自らのグループ「新政権研究会」が軸となって支える。

逢坂氏は「希望と安心のある社会を実現したい。政策の幅を広げて多様な考え方を包含できる政党にしたい」と強調した。衆院北海道8区選出で当選5回。鳩山由紀夫、菅直人両政権では首相補佐官を務めた。所属する党内最大勢力で旧社会党系の「サンクチュアリ」の後押しを受ける。

ただ、3氏はいずれも知名度が高くなく、国民の注目を集められるかが代表選の焦点になりそうだ。

17日に開かれた代表選の事前説明会には、3陣営に加え、小川淳也元総務政務官(50)と大串博志党役員室長(56)の関係者も出席した。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗