サイバー攻撃対応で台湾を支援 米国家安全保障担当副補佐官

産経ニュース
17日、東京都内で記者会見する米国のニューバーガー国家安全保障担当副補佐官(サイバー・先端技術担当)
17日、東京都内で記者会見する米国のニューバーガー国家安全保障担当副補佐官(サイバー・先端技術担当)

来日中のニューバーガー米国家安全保障担当副補佐官(サイバー・先端技術担当)は17日、東京都内で日本メディアと会見し、中国などからの台湾に対するサイバー攻撃に関して、台湾側の防衛を支援する考えを示した。

ニューバーガー氏は、バイデン米政権が「台湾海峡の安定と安全」を重視していることを指摘し、台湾関係法に基づき台湾の防衛を支援する現在の政策に「サイバーも含まれる」と述べた。「台湾海峡の安定は米国や地域にとって重要だ」と強調し、中国などからのサイバー攻撃によって両岸関係が不安定化することに懸念を示した。

また、米国内の石油パイプラインがランサムウエアと呼ばれるウイルス攻撃を受けたことなどを挙げ、「サイバーセキュリティーは経済や国家の安全保障における中核だ」と強調。関係国と連携し対応能力を強化する必要性を訴えた。

インド太平洋地域における協力では、日米豪印4カ国(クアッド)によるサイバー担当高官の協議枠組み創設を説明し、ソフトウエアの改善や重要インフラの防護などの対策で連携を進める考えを示した。

日本は重要な同盟国だとし、サイバー関連技術に関して「日本企業は世界的なリーダー」であることから民間企業との連携も重視する方針だ。ニューバーガー氏は15日に来日し、日本政府の担当者と日米や多国間の協力などを協議。日本の企業関係者とも会談し18日に離日する。(坂本一之)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故