成田凌「驚き」プライム帯連ドラ初主演 指名手配された天才脳外科医役 来年1月スタート・日テレ系「逃亡医F」

サンスポ
逃亡者(左)でありながら天才外科医という難役に挑む成田
逃亡者(左)でありながら天才外科医という難役に挑む成田

俳優、成田凌(27)が来年1月スタートの日本テレビ系「逃亡医F」(土曜後10・0)でプライム帯(午後7~11時)の連続ドラマに初主演することが16日、分かった。

同名人気漫画が原作。成田は恋人の殺害容疑で指名手配された天才脳外科医・藤木を演じる。事件の真相を突き止めるため「鳴海」の偽名で逃亡中、高度な医療を必要とする人々に遭遇。持参するわずかな手術道具と超一流の技術で命を救う物語だ。

成田は5月まで放送されたNHK連続テレビ小説「おちょやん」など、これまで数々の話題作に出演。満を持して、人気作が並ぶプライム帯連ドラの座長に起用され、「子供の頃からドラマを食い入るように見ていたので、こんなことがあるのかという驚きとうれしい気持ちでいっぱい」と喜びを表現した。

フジテレビ系人気シリーズ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」では救命センターの医師を演じたが、今作では手術道具の不足で周囲のものを代用する〝神業〟のオペを敢行。「こんな意外なもので人を救うのか!という驚きと、捕まるんじゃないかというハラハラドキドキをみなさんと一緒に感じられたら」と熱演を誓った。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故