佐藤輝ギータ化計画 阪神・藤井氏が1、2軍巡回打撃コーチ就任会見でブチ上げた

サンスポ
佐藤輝は打撃練習に励む。来季は柳田になる⁉(撮影・松永渉平)
佐藤輝は打撃練習に励む。来季は柳田になる⁉(撮影・松永渉平)
藤井氏は巡回コーチとして佐藤輝も鍛える気満々だ(代表撮影)
藤井氏は巡回コーチとして佐藤輝も鍛える気満々だ(代表撮影)

輝を柳田に! 阪神は16日、藤井康雄氏(59)が来季から1、2軍巡回打撃コーチに就任すると発表した。年俸は1800万円(推定)で背番号「81」。ソフトバンク・柳田を育てた名伯楽は西宮市内の球団施設で会見し、佐藤輝明内野手(22)について「映像などを見ると柳田タイプ」と分析。球界屈指のスラッガーを育てたノウハウで、虎の大砲に鍛える。

最重要案件は分かっている。かつての教え子と同じ匂いを醸し出す逸材を鍛え抜く-。就任会見の席についた藤井1、2軍巡回打撃コーチは、聞かれる前に佐藤輝の名前を口にした。

「前半はあれだけ打ったけど、佐藤輝に関しては後半打てなくなった。外から見ている分には改善策はあると思う。すごい選手が入ってきたと思っていた。柳田、大谷翔平クラスの飛距離を持っている」

通算214本塁打のソフトバンクの主砲と、今季米大リーグで46発を放った二刀流の名前を出して評価した。自身は阪急、オリックスで通算282本塁打を放ち、引退後は打撃コーチとして2011年から鷹で柳田を指導。成長に寄り添ってきたからこそ、匹敵すると自信を持って言えた。

「映像などを見ると、柳田タイプ。『なんとなくこうしたらいい』というのは思っている」

今季、チーム最多の24本塁打を放ったルーキーだが、後半戦は59打席連続無安打と大不振に陥った。しかし、これからは日本一の打者になる術を知る男が背中を押し、打開策を示してくれる。

アプローチも〝柳田流〟でいく。独特の感性を持った柳田は「1から10まで話をしなくても、ポイントが分かっていればいいですよという」タイプだった。佐藤輝から感じるのも同じ雰囲気。きっと通ずるものがあるはず。プロだけではなくアマチュアでも指導し、培った豊富な引き出しから最適な解決策を適切に提示していく。

藤井コーチが重視するのは、生まれ持った重心に合わせて指導する「4スタンス理論」。この日、甲子園での秋季練習に参加した佐藤輝は「これまで教わったことはないです。一つ引き出しが増えたらいいなと思います」と話した。

これから始まる二人三脚の旅を前に、藤井コーチは誓った。「自分の持っているものを出す。覚悟を決めていい指導をして、いい選手になってほしい」。目指すは柳田のような、いや、柳田を超えるスラッガー。虎の大砲が金色の輝きを放つまで、磨き上げる。(原田遼太郎)

★矢野監督「チーム全体の力に」 ◆…藤井コーチに1、2軍の巡回を託した矢野監督は「両方来てもらえることで、多くの選手を見てもらえる。チーム全体の力になる。藤井さんの力を一番発揮してもらえる」と語った。4スタンス理論は「俺も一応資格を持っている」と将自身も学んだ経験があり、共鳴する部分は多い。秋季練習で早速指導にあたってもらう予定だが「(大山)悠輔や輝や、他のメンバーもこういう感じなんじゃないかと伝えてもらって。そのまま春に来てもらうのがいいのかな」と期待した。

■藤井 康雄(ふじい・やすお) 1962(昭和37)年7月7日生まれ、59歳。広島県出身。泉州高からプリンスホテルを経て1987年D4位で阪急入団。オリックスで中軸打者として活躍し、2002年限りで現役引退。通算1641試合で打率・252、282本塁打、861打点。ベストナイン2度。引退後はオリックス、ソフトバンクでコーチを歴任し、20年から関西創価高コーチ。現役時代は181センチ、81キロ。年俸1800万円、背番号「81」

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗