めいに強制性交未遂 高裁で逆転有罪

産経ニュース
東京高裁が入る建物(今野顕撮影)
東京高裁が入る建物(今野顕撮影)

千葉市で平成30年6月、12歳だっためいと性交したとして強制性交罪に問われた男(49)の控訴審判決で、東京高裁は17日、無罪とした1審千葉地裁判決を破棄し、強制性交未遂罪の成立を認め、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役7年)を言い渡した。めいは捜査段階で男と性交したと供述したが、証人として出廷した1審では一転否定。男も「めいに頼まれて、性交するふりをしただけだ」と無罪を主張していた。

昨年11月の1審判決は「性交の事実を認定する証拠がない」と判断したが、高裁の伊藤雅人裁判長は、めいが事件前に無料通信アプリで、男との性行為を示唆する内容のメッセージを知人とやりとりしていたことを重視。めいが隠し撮りした現場の動画を見たとする知人の証言などから「めいと性交しようとしたが目的を遂げなかった」とし、強制性交未遂罪を適用した。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  5. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」