9月の機械受注、微減 2カ月連続のマイナス

産経ニュース
内閣府=東京都千代田区(桐原正道撮影)
内閣府=東京都千代田区(桐原正道撮影)

内閣府が17日発表した9月の機械受注統計(季節調整値)は、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額が前月比4億円減の8389億円で、わずかに減少した。マイナスは2カ月連続。基調判断は「持ち直しの動きに足踏みがみられる」で維持した。

製造業は24・8%増の4657億円、非製造業が11・7%減の4027億円だった。船舶・電力や官公庁、外需を含む受注総額は10・4%減の2兆3736億円だった。

機械受注統計は、主要な機械メーカー約280社が対象で、企業の設備投資意欲をみる代表的な指標となる。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  5. 名将・野村克也が見抜いていた「高津にあって矢野にないもの」