線虫で膵臓がん疑い調査 ベンチャー企業、来年から

産経ニュース
膵臓がん検出のため開発された遺伝子組み換え線虫。右は普通の線虫(HIROTSUバイオサイエンス提供)
膵臓がん検出のため開発された遺伝子組み換え線虫。右は普通の線虫(HIROTSUバイオサイエンス提供)

がんのにおいに反応する線虫を利用して、膵臓がんの疑いがあるかどうかを調べる手法を開発し、来年から有料でサービスを始めると東京のベンチャー企業「HIROTSUバイオサイエンス」(広津崇亮社長)が16日、発表した。遺伝子組み換え技術を応用して、発見が難しい早期膵臓がんも検出可能としている。

広津社長によると、膵臓がんは画像診断など従来の手法では早期発見が難しいが、尿を調べることで早期発見につながるという。

線虫はにおいに敏感で、健康な人の尿には近づかず離れるが、がん患者の尿には近づく特性が知られている。①普通の線虫で「がんの疑い」を調べる②遺伝子組み換えで膵臓がん特有のにおいを識別できなくした線虫で、再び調べる―という仕組み。同社の実験では、膵臓がん患者22人の尿は全て正しく判定。その他のがん患者46人で調べると、約9割の精度で「他のがん」と判定した。早期膵臓がんの患者の尿も識別できたという。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は