JBCに承認料一時預かりなど通告 日本プロボクシング協会

産経ニュース

ジム会長らで組織する日本プロボクシング協会(JPBA)は16日、日本ボクシングコミッション(JBC)に対し、各ジムなど興行主がJBCに支払う試合承認料とライセンス料を、一時的にJPBAや各地区の協会で預かると通告した。「さまざまな協力関係について厳しい姿勢で見直す」としている。

JPBAは10月、昨年末の世界戦に関わるドーピング検査の不手際があったJBCに対して浦谷信彰執行理事の辞職を要望した。だが、JBCからの返答は「全くの無回答というべき内容」だったという。

日本のプロボクシングは試合を主催するジムなどが公式試合の認可を得るために、統括団体のJBCに試合承認料などを支払う。またプロボクサーライセンスなどの取得、更新のためライセンス料を支払う必要がある。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は