ここまで進んだ最新治療

緑内障の極低侵襲手術「アイステント」 全長1ミリの微小な管目の中に設置

zakzak
新型の「アイステント・インジェクト」
新型の「アイステント・インジェクト」

目に栄養を与えている体液(房水)がうまく排出されず、眼圧が上昇する「緑内障」。眼圧が高まると視神経が圧迫されて、だんだん視野が欠けていき失明の原因になる。

治療法は主に、房水の産生を減らしたり、房水の流れをよくする「薬物治療(点眼薬)」、房水の流出を促進させる「レーザー治療」、房水の流出路を再建したり、房水を眼外に排出させたりするなどの「手術治療」がある。

そして近年では「極低侵襲緑内障手術(MIGS)」と呼ばれる手法が広まりつつある。そのうちの1つが、「アイステント」という全長1ミリのチタン製の微小な管を目の中に埋め込む方法。福井大学医学部眼科学教室の稲谷大教授=顔写真=が説明する。

「アイステントは、専用の器具を用いて房水の出口である隅角に設置してバイパスを作り、房水の流出を促すマイクロデバイスです。ただし、そもそも米国で白内障手術と同時に施術することを条件に承認された方法なので、国内でも白内障手術の際に同時に行う緑内障手術になります」

アイステントは、国内では2016年に承認され、18年から白内障手術と同時に受けることで保険診療が認可された。白内障手術のための切開創(角膜を2ミリ程度)を通してアイステントを設置するので、新たに切開創を作る必要はない。それに傷口が小さく縫合の必要がないので、非常に低侵襲。施設によっては日帰りも可能だ。

そして、19年10月に新型の「アイステント・インジェクト」が承認され、20年10月から使用可能となっている。新型はさらに極小で、最大長360マイクロメートルの銃弾型をしている。旧型が1本設置するのに対して、新型は2本設置するので、臨床研究では新型の方が眼圧が下がりやすいという報告があるという。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は