文通費「1日100万円」の“議員特権”に猛批判! 10・31当選の新人ら121人にも満額支給 維新は全額寄付へ 識者「常識的にはおかしい」

zakzak
「100万円問題」に疑問を呈した吉村氏
「100万円問題」に疑問を呈した吉村氏
その他の写真を見る (1/2枚)

「1日で100万円支給問題」が永田町を騒がせている。国会議員には議員歳費とは別に、公の書類の発送費用や通信費、交通費として毎月100万円の「文書通信交通滞在費」が支給される。これが10月31日投開票の衆院選に当選した新人や元職議員121人にも10月分が満額で支払われたといい、「議員特権」との批判もある。

「10月分? 選挙の投開票日が10月31日なんだけど。どうやら1日だけでも国会議員の身分となったので、10月分、100万の札束、満額支給らしい。領収書不要。非課税。これが国会の常識。おかしいよ」

大阪府知事で日本維新の会副代表の吉村洋文氏は13日、SNSにこう投稿した。

きっかけは、衆院選比例東京ブロックで初当選した維新の小野泰輔議員が投稿サイト「note」で文書通信交通滞在費に関する文書を公開したことだった。吉村氏が引用したほか、維新創設者の橋下徹元大阪市長らも異論を唱えた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」