東名あおり来年1月初公判 差し戻し審、横浜地裁

産経ニュース
横浜地方裁判所
横浜地方裁判所

神奈川県大井町の東名高速道路で平成29年、あおり運転を受けて停車させられた夫婦が後続車に追突され、死亡した事故で、横浜地裁は16日、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪などに問われた無職石橋和歩被告(29)の差し戻し裁判員裁判の初公判を来年1月27日に開くと明らかにした。

30年12月の1審横浜地裁は危険運転致死傷罪の成立を認め、懲役18年の判決を言い渡した。令和元年12月の東京高裁判決も、同罪の成立を認めたが、地裁が公判前整理手続きで「危険運転致死傷罪は成立しない」との見解を表明したのに、最終的に変更したのは判決に影響を及ぼす違法な手続きだったと判断。1審判決を破棄し、地裁に審理を差し戻した。

事故は平成29年6月に発生。石橋被告は静岡市の萩山嘉久さん=当時(45)=一家のワゴン車にあおり運転を繰り返し、ワゴン車の前で停車。ワゴン車に後続の大型トラックが追突、萩山さんと妻の友香さん=同(39)=が死亡、娘2人も負傷した。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…