一問一答

広島・鈴木誠也「ここまで大きく育つことができた。感謝しかない」

サンスポ
ポスティングでのメジャー挑戦を前に笑顔の広島・鈴木誠
ポスティングでのメジャー挑戦を前に笑顔の広島・鈴木誠

広島・鈴木誠也外野手(27)が16日、マツダスタジアムで会見に臨み、ポスティング制度を利用して米メジャー球団への移籍を目指すことを明らかにした。主な一問一答は次の通り。

──鈴木球団本部長がポスティング容認を表明した。会談内容は

「球団には少し前の年ぐらいからそういう風な気持ちがありますっていうことは伝えさせてもらった。今年のシーズン中も『気持ちは変わらんのか?』みたいな感じでいわれたりもしていたんですけど、レベルアップするための段階の中にメジャー挑戦っていうのがあった。その段階に僕自身が来たと思ったんで、挑戦したいです、っていう風に伝えさせてもらいました」

――鈴木本部長からの言葉は

「16年からしっかりやってもらって、貢献してもらったので、夢をかなえてあげたいと。本当にありがたいですし、ポスティングの制度は球団が認めてくれないと挑戦ができない。本当にしっかり覚悟を持ってしっかりやっていきたいなと思います」

――最終的な決断はいつ

「生まれた瞬間ですね。うそです。黒田さんが(2015年にヤンキースから広島に)帰ってきて、『こういう選手を見てみろ』といわれた。その時に同じ野球をやっているのに、こんだけ違うと衝撃を受けた。もともとメジャーリーグも見ていなくて、あまり興味なかったですけど、その選手を見たときに衝撃を受けて、こういう選手が世の中にはいる、こういう選手にも勝ちたいという思いが強くなった」

――野球を始めて常に高みを目指してきた

「常にうまくなりたいって思うのがもちろん普通だと思いますし、そういう気持ちで今まで野球取り組んでいた。もっともっと上で頑張りたい、もっと上手になりたいという気持ちがより強くなってきたので、挑戦したいという気持ちになりました」

――カープへの思い

「もしかしたらここに残っているかもしれないし、そこは何ともいえないです。いろいろな経験をさせてもらって、1年目からいろんなことを教えてもらってここまで成長できた。カープのおかげでもありますし、ファンの皆さんの声援があって、ここまで大きく育つことができて、感謝しかないです。ここ2年はコロナで声援が聞けなくてモチベーションの部分が難しくて、また声援の中でやりたいなと思いもあった」

――ファンへメッセージ

「もっともっと日本でやっていた以上のプレーをあっち(米国)ではできるように、もっともっと頑張って、子どもたちに憧れられる存在になれるように頑張りたいなと思います」

――同僚に思うこと

「やっぱり一番さみしいですし、ずっと仲良くやらせてもらっていた。環境が変わるかもしれないが、やっぱり寂しいって部分が一番。でも、僕が抜けることによって若い選手のチャンスも増えると思いますし、そこでガツガツと頑張ってもっともっと強いカープを作ってほしい」

──同級生のエンゼルス・大谷(18年に日本ハムから移籍)が大リーグに挑戦

「チェックも何も目につく。テレビを見たら出てくるし、同級生としてやっぱりすごいなと思います。別にあそこを目指そうとも思わないし、自分自身がしっかり頑張りたい。同級生としては尊敬しています」

―広島でのレガシーは

「何も残せたモノはないと思っていますけど、楽しくみんなとワイワイできたのが思い出です。優勝できたのもそうですし、色んなことを学ばせてもらった。先輩も後輩も」

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 9年ぶり復活タフネスケータイ「G'zOne」10日発売 バイク乗りや釣り人歓迎「タフネス携帯一択」「トルクからの乗り換え候補」「iPhoneででたら即買い」

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【実録・人間劇場】ニュー西成編(4) 「ユンボの手元」…解体現場での背筋が凍る話 寄せ場は快適?晩飯は抜群にうまい手作りビュッフェ

  5. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人