自民、改憲へ議論前進図る 維新・国民と連携かぎに

産経ニュース

岸田文雄首相(自民党総裁)が意欲を示す憲法改正の実現は、衆参の憲法審査会の議論に多くの野党を巻き込むことがかぎとなる。産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が13、14両日に実施した合同世論調査では55・5%が改憲に賛成、33・9%が反対だった。議論進展の土壌はあり、自民は先の衆院選で存在感を増した日本維新の会、国民民主党と連携し、現状打開を図る考えだ。

世論調査で改憲賛成の割合を支持政党別にみると、自民支持層で72・7%、維新支持層で59・4%を占めた。野党第一党の立憲民主党支持層は20・2%に過ぎず、反対の65・1%を大きく下回った。立民の積極姿勢が望みにくい中、維新との連携が議論を進める上で重要となる。

9日夜、自民、維新両党の幹部6人が都内で会食した際、話題は憲法改正にも及んだ。「一度は国民の手で国民投票をやってもらいたい」。自民の茂木敏充幹事長がこう意欲を示すと、維新側も「その通りだ」と賛同した。維新の遠藤敬国対委員長は「国会に3つの大きな山ができた。立民や共産党が欠席しても憲法審を開くべきだ」と求めた。

円満な運営を掲げる憲法審では、野党欠席の中で開催に踏み切ることはタブー視される。従来、憲法審を含む野党の国会戦術は野党第一会派の立民が主導し、「自由討議」は1~6月の通常国会で3回しか行われなかった。

しかし衆院選の結果、与党のほか、野党が「立民・共産」「維新・国民」の勢力に分かれて「3つの大きな山」ができ、維新・国民が出席すれば「野党欠席」とはいえない-というわけだ。衆院選で改憲に前向きな維新は41議席を得て約4倍に拡大。国民民主は憲法審を含む国会運営で立民・共産と連携していたが、衆院選後に枠組みから離脱、憲法審を毎週開くべきだとの方針で維新と合意した。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 9年ぶり復活タフネスケータイ「G'zOne」10日発売 バイク乗りや釣り人歓迎「タフネス携帯一択」「トルクからの乗り換え候補」「iPhoneででたら即買い」

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【実録・人間劇場】ニュー西成編(4) 「ユンボの手元」…解体現場での背筋が凍る話 寄せ場は快適?晩飯は抜群にうまい手作りビュッフェ

  5. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人