富岳4冠4連覇 スパコン世界ランキング

産経ニュース
4期連続の世界1位となったスーパーコンピューター「富岳」 (渡辺恭晃撮影)
4期連続の世界1位となったスーパーコンピューター「富岳」 (渡辺恭晃撮影)

理化学研究所と富士通は15日、共同開発したスーパーコンピューター「富岳」(神戸市)が計算速度の世界ランキング「TOP500」で1位を獲得し、4連覇を達成したと発表した。

ランクは国際会議で約半年ごとに発表される。昨年6月、11月、今年6月に続いて、首位を維持した。TOP500は、高速計算が安定して実行できる総合的な性能を示す指標。計算速度は1秒間に44京2010兆回(京は1兆の1万倍)で、2位の米国のスパコンに約3倍の性能差をつけたという。

このほか、コンピューターでシミュレーション(模擬実験)する際の処理性能を主に測る「HPCG」▽人工知能(AI)の開発でよく使う計算の指標である「HPL―AI」▽道路網などネットワークで表現される現象やビッグデータの解析性能を示す「Graph500」の3つの指標でもトップの座を譲らず、4期連続の4冠を達成した。幅広い用途で成果を出せる、富岳の総合力の強さが示された。

富岳はすでに、新型コロナウイルスの感染対策や治療薬の研究で成果を挙げているほか、津波やゲリラ豪雨の予測など防災に貢献する研究も進んでいる。

理研計算科学研究センターの松岡聡センター長は「さまざまな分野について、その高い性能により現実社会に役立つ成果を挙げてきた。今回、あらためて富岳の広い分野における世界的な先進性が示された」とコメントした。

>評価される成果 「スパコンのノーベル賞」候補にも


  1. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」

  2. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【劇場型半島】大韓航空機爆破犯の金賢姫元工作員はなぜ「横田めぐみさんは生きている」と確信しているのか

  5. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」