女性シンガーのTAEKO、デビューお披露目ライブ「ゆくゆくはアジアや世界で活動していきたい」

サンスポ
フォトセッションに臨むTAEKO(タエコ)=東京都渋谷区(撮影・山田俊介)
フォトセッションに臨むTAEKO(タエコ)=東京都渋谷区(撮影・山田俊介)
その他の写真を見る (1/9枚)

9月に「Queen Bee」でメジャーデビューした女性シンガー、TAEKO(29)が16日、東京都内でデビューお披露目ライブを行った。音域の広い天性の歌声と高いダンススキルを持つことから〝和製ビヨンセ〟と称されるTAEKOは黒いレザーのパンツにジャケット姿で登場。「本日はお忙しい中、ありがとうございます」と語り、デビュー曲とセカンド曲「I’ll Be There」、本家・ビヨンセ(40)の名曲「Listen」の3曲を圧巻のパフォーマンスで披露した。

TAEKOは8歳からジャズダンスを始め、高校卒業後から独学で歌を学び、2018年には自らオーディションに応募し、米ニューヨークのソウルの殿堂・アポロシアターのアマチュアナイトで5位になった実力派。

デビュー曲は、7月から「USEN」で流されると、日本語詞が英語詞のように聴こえる特徴的な歌声で、「洋楽みたい」と話題となり、リクエストチャート2位を記録。ニッポン放送が「9月度優秀新人」に選出するなどラジオでも注目を集め、9月にメジャーデビューを果たした。

歌唱後は「喉がすごく乾いています。緊張しています」と照れながらも、「こうやって皆さまの前で歌えてすごく幸せです」と感無量の表情。

今後については「まずは日本でいろんな方に知っていただくためにツアーをやりたいですし、ゆくゆくはアジアや世界で活動していきたいと思っています」と大きな瞳を輝かせた。


  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは