山梨県知事、3回目接種方針遅れに「フラストレーション」

産経ニュース
会見する山梨県の長崎幸太郎知事=16日、甲府市(平尾孝撮影)
会見する山梨県の長崎幸太郎知事=16日、甲府市(平尾孝撮影)

山梨県の長崎幸太郎知事は16日の記者会見で、政府による新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種の具体的な方針の決定が遅れていることに対し、「(接種の)オペレーションの末端を考えた方針を決定してほしい」と語り、そのうえで、「対応遅れに、フラストレーションに感じる自治体も多い」と、いらだちをみせた。

長崎氏は3回目接種の方向が示されたことは歓迎するものの、接種が実際にうまく機能するには、「川上から川下までのオペレーションがうまくつながる必要がある」と説明。

現在政府では、3回目を2回目までと違うメーカーのワクチンの使用を認めることや、接種タイミングを8カ月以上としていたのを6カ月後へと、短縮も認める方向で検討している。

これに対し、長崎氏は「自治体では内々に準備はしているが、複雑なオペレーションだけに、(政府が早く正式な)結論を出さないと、大混乱が起きる」と指摘し、危機感を示した。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は