DeNAのD2位・徳山壮磨が仮契約 三浦監督のサプライズ訪問に「オーラがあって圧倒されました」

サンスポ
DeNAへの入団が決まり、三浦大輔監督(左)と笑顔でポーズをとる早大の徳山壮磨投手=16日、東京都内のホテル(代表撮影)
DeNAへの入団が決まり、三浦大輔監督(左)と笑顔でポーズをとる早大の徳山壮磨投手=16日、東京都内のホテル(代表撮影)

DeNAは16日、東京・新宿区のホテルでD2位・徳山壮磨投手(22)と仮契約を結んだ。契約金は7000万円、年俸は1200万円(金額は推定)。球団から進藤編成部長、河原スカウティングディレクター、八馬スカウトに加え、サプライズで三浦大輔監督(47)が列席。緊張の初対面に右腕は「びっくりしました。オーラがあって、圧倒されました」と目を丸くした。

三浦監督は「初々しくて、緊張もしているみたいでしたが、礼儀正しい好青年で。チームの戦力として力になってもらえるように期待しています」とうなずいた。

大阪桐蔭高時代には2017年センバツで優勝を経験。早大での4年間はリーグ戦通算9勝5敗で、最速151キロの直球に多彩な変化球を操り、即戦力として期待される。「1年目から戦力として戦えるように準備したい。契約金は親やお世話になったいろんな人に恩返ししたいです」と力を込めた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性