日豪外相、中国の現状変更の試みに「強く反対」

産経ニュース

林芳正外相は16日、オーストラリアのペイン外相とテレビ電話形式で会談を行った。両氏は中国を念頭に東・南シナ海での力による一方的な現状変更の試みや、経済的威圧に「強く反対」することで一致した。早期に対面形式の会談を行うことでも合意した。

林氏は会談で「ペイン外相と手を携え、両国の『特別な戦略的パートナーシップ』をさらなる高みに引き上げるとともに、『自由で開かれたインド太平洋』の実現に向けて協力していきたい」と強調した。

両氏はまた、2国間の防衛分野と経済分野の協力を進めるとともに、日米豪印4カ国(クアッド)や日米豪3カ国の枠組みでも連携していくことを確認。両政府がすでに大枠で合意している「円滑化協定」に関しても意見交換した。北朝鮮による拉致問題の解決に向けて連携していくことも申し合わせた。

  1. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」

  2. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【劇場型半島】大韓航空機爆破犯の金賢姫元工作員はなぜ「横田めぐみさんは生きている」と確信しているのか

  5. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」