巨人・大竹トレーニング統括補佐、松葉づえ姿で〝指導者デビュー〟

サンスポ
球場に姿を現した巨人・大竹寛トレーニング統括補佐=ジャイアンツ球場(撮影・加藤圭祐)
球場に姿を現した巨人・大竹寛トレーニング統括補佐=ジャイアンツ球場(撮影・加藤圭祐)

巨人は16日、川崎市のジャイアンツ球場で新体制での秋季練習をスタートさせ、練習前のグラウンドに1~3軍の選手、首脳陣、スタッフらが集結し、来季の首脳陣が紹介された。

今季限りで引退し、指導者に転身した大竹寛巡回トレーニング統括補佐(38)は松葉づえをついて出席。「コーチとして最低限動けるように」と、引退の理由にもなった右膝を今月5日に手術したことを明かし、「まず自分のリハビリから」と頭をかいた。

キャリア終盤で右肩などのけがを乗り越えて活躍した経験を持っており、「また身が引き締まる思いがします。分からないことばかりですけど、まずは選手のために、チーのために何ができるのかなというところを一番に置いて。選手に寄り添った行動が取れたら」と気持ちを新たにした。

また2軍打撃コーチに就任した小笠原道大氏、3軍監督の駒田徳広氏、ファーム総監督となる川相昌弘氏ら新任のコーチ陣もナインに自己紹介し、今季限りで退団する前バッテリーコーチの相川亮二氏、フロント入りする前投手チーフコーチの宮本和知氏は別れのあいさつを行った。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…