家庭での受動喫煙測定へ 小4対象、大阪・寝屋川市

産経ニュース

大阪府寝屋川市は、子供の受動喫煙状況を可視化するため、市立小学校の4年生児童を対象に、唾液採取による「コチニン」値測定を実施する。結果を保護者に知らせ、家庭での受動喫煙の防止に努めてもらう。府内では初めての調査という。

同市では昨年10月、「子どもの健やかな成長のための受動喫煙防止条例」を施行。家庭内や自動車内、学校や保育所の周囲、通学路、公園での喫煙を努力義務で制限し、市内4駅周辺では路上喫煙を禁じた。

「コチニン」はたばこの煙に含まれるニコチンが体内で代謝されて生成される物質。綿棒のような採取キットに唾液を含ませて専門業者が測定する。

市立小4年生は約1760人。測定の案内を学校で配布。保護者から同意が得られれば、12月中に児童の唾液を採取してもらう。

測定結果は来年2月、受動喫煙の程度を低、中、高に分けて保護者に郵送。アンケートもあわせて実施し、喫煙場所と受動喫煙の関係も調べる。

市保健所は「子供に気を使っていても受動喫煙させている場合がある。大人がたばこを考えるきっかけにしてほしい」としている。

  1. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!

  4. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走