初詣「元旦に行く」は17% 年末年始の過ごし方に変化は?

ITメディア
年末年始の過ごし方は?
年末年始の過ごし方は?

旅行検索サービスを展開するatta(アッタ、東京都港区)が、年末年始の行動に関する意識調査を実施した。その結果、2021~22年の年末年始は20~21年と同様「自宅で過ごす」人が多いことが分かった。

「自宅で過ごす」と答えた割合は64.7%で、20~21年の78.6%と比べて13.9ポイント下がった。次いで「実家へ帰省する」(23.2%)、「仕事をする」(11.2%)、「買い物に行く」(9.6%)と続いた。いずれも前回から増加していて、新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いていることもあり、全体的に外出を検討している人が多いことがうかがえる。

年末年始はどう過ごしますか (過ごしましたか)?(atta調べ)
年末年始はどう過ごしますか (過ごしましたか)?(atta調べ)

22年は初詣に行くか尋ねた。その結果「元旦に行く」(17.0%)、「1月2日以降に行く」(25.0%)、「年明け前に行く」(3.0%)と、45.0%が初詣に行くと答えたものの、行く日は分散している様子が見て取れる。一方で、「行かない」との回答は17.0%、「現時点ではまだ決めていないが」38.0%だった。

2022年は初詣に行きますか?(atta調べ)
2022年は初詣に行きますか?(atta調べ)

調査は10月30~31日、全国の20~59歳を対象にインターネット上で実施。1054人が回答した。

関連記事
  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は