食と健康 ホントの話

乾燥する冬のドライアイ防止策は? 涙にいい「サバ缶」「きのこ」やサプリのラクトフェリン摂取

zakzak
有田玲子副院長
有田玲子副院長

パソコンやスマートフォンの画面を長時間見ている人は、ドライアイになりやすい。しかも乾燥する冬は、いつも以上に症状が出やすくなる。

ドライアイは、涙の水分が足りない『涙液分泌減少型』と、点眼薬で水分補給をしても、その水分を守れずすぐに蒸発してしまう『涙液蒸発亢進(こうしん)型』がある。そして、ドライアイ全体の86%が『涙液蒸発亢進型』だという。

涙の水分を守れないのは、涙の上層を覆っている「油層」が不安定になるため。角膜を覆う涙は、上から「油層」「水層」「ムチン層」の3層になっている。「油層」が水分の蒸発を防いでいるが、油の膜がしっかり覆っていないために水分が蒸発してしまうのだ。

そこで、油層を安定化させるための5つの方法をご紹介しよう。ドライアイに詳しい、伊藤医院(さいたま市)の有田玲子副院長=顔写真=に話を伺った。

(1)点眼薬は用法・容量を守り、うるおい感がつづくものを選ぶ

目が乾くからと1日に何度もさすと、涙の構造が乱れて逆効果に。1日3~6回程度、1回につき1滴が適量。点眼は症状が軽いうちに、起床後・昼・15時・夕食前などのタイミングがおすすめ。点眼薬はうるおい感が持続するものを、できれば防腐剤無添加のものを選ぶといいそうだ。

(2)正しく目を温める

涙の油層を形成する油は、まつ毛のすぐ近くにあるマイボーム腺から分泌される。ジャンクフードや揚げ物を多く食べるなど食生活の偏りによってマイボーム腺から分泌される油の質が変わってしまうと、腺がつまってしまうことが少なくない。そこで、目を温めて詰まってしまった腺の油を溶かすことが有効だ。

目を温める方法は、あずきで温めるアイマスクや、ポリ袋に入れた蒸しタオルなどを使用する。蒸しタオルを直接まぶたに当てると、蒸気で濡れた後に冷えて、マイボーム腺の油を溶かすためには逆効果になってしまうからだ。

(3)まばたきのエクササイズをする

パソコンやスマホを長時間見ることによる不完全なまばたきも、マイボーム腺から十分な油が出なくなる原因。十分な油を出すためには、まぶた付近の「眼輪筋」を鍛えて、しっかりまばたきすることが大切だ。

目をぎゅっとつぶったあとに大きく見開くなどを、1日1分、3日続けると効果を実感するそうだ。詳しくは、有田医師のユーチューブチャンネル『Let’Sまばたきエクササイズ』(www.youtube.com/watch?v=Xj3pdnT3_nA)で。

(4)まつ毛の根本洗浄

マイボーム腺に油が詰まると、「タピオカサイン」といって、丸いつぶ状のものが一列に並んだようなものができる。これを無理やり指で押し潰すと目を傷つける恐れがあるため、予防のためにもまつ毛の根本洗浄は有効だ。洗って落とすことも有効。洗顔時に石鹸等の泡をつけた指の腹で、まつ毛を2~3回やさしくこするだけ。強くこすると刺激を与えてしまうので逆効果だ。

(5)涙に良い食事を意識して摂る

ジャンクフードや揚げ物などを多く食べると、中性脂肪やコレステロール値が上がり、血液がドロドロになり、血液からできる涙もドロドロに。食事を見直すと同時に、次の栄養素を含む食品を意識して摂ろう。

□オメガ3系脂肪酸:魚油、サバ缶、アマニ油など(水分と脂の両方を増やす)

□ビタミンD:きのこ類、魚介類など(脂を増やす)

□ラクトフェリン:サプリメントなど(水分を増やす)

(医療ジャーナリスト 石井悦子)

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗