“期待外れFA戦士”陽岱鋼、巨人残留の真相 契約満了、戦力外との見方も…チームに希少な「右打ち外野手」

zakzak
陽の今季最後の打席は9月11日の中日戦。代打で空振り三振に倒れた
陽の今季最後の打席は9月11日の中日戦。代打で空振り三振に倒れた

巨人・陽岱鋼外野手(34)は5年契約最終年の今季、1軍出場わずか7試合にとどまった。2016年オフに日本ハムからFA宣言し、総額15億円(推定)の巨大契約で迎えられながら、ケガや不振で報酬に見合う働きはできず。契約満了とともに戦力外との見方が強かったが、まさかの来季残留となった背景とは―。

開幕から2軍暮らしが続いた今季は8月28日にようやく1軍昇格も、7試合で7打数1安打、打率・143と振るわず、9月12日に出場選手登録を抹消されてそのままシーズンを終えた。端から見れば完全に構想外の扱い。巨人での5年間で打率・258、24本塁打、97打点では無理もない。

高橋前監督の就任1年目に広島に17・5ゲームの大差で2位に終わると、V奪回に躍起な球団親会社は補強の大号令。当時の巨人フロントは故障がちでスランプの長い陽をあまり評価しておらず、別のFA外野手の獲得に動いたが破談に。それでも親会社の「補強せよ」の圧力はやまず、オリックスと合意間近だった陽を破格の条件で〝強奪〟したが、誰にとっても不幸な移籍となった。

今オフにクビを免れたことで、契約時まことしやかにささやかれた「実際の契約年数は6年」「選手側に延長オプションが1年付いている」といった情報が改めて注目されるが、球団関係者は「間違いなく契約年数は5年だった。オプションもなかった」と断言。そのうえで「確かに(契約更新は)意外に見えるが、現状で右打ち外野手は石川くらい。年俸を10分の1くらいまで引き下げての残留は不思議ではない」と指摘する。

今秋ドラフト指名した外野手も5位の法大・岡田悠希(21)1人だけで、やはり飽和気味の左打者だ。「ベテランの亀井が引退して、経験のある外野手も少ない。外に出して活躍されるよりは『当たればもうけもの』くらいの感じじゃないか」と前出関係者。いびつなチーム構成にも助けられた、〝泣きの1年〟が実情のようだ。 (片岡将)

  1. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  2. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは