「記憶ない」起訴内容否認 ボーガン発射、初公判

産経ニュース

昨年8月、長野市で民生委員の男性をボーガンで撃ち、けがを負わせたとして、殺人未遂の罪に問われた水沢夏美被告(29)は15日、長野地裁(大野洋裁判長)で開かれた裁判員裁判初公判で「殺意も当時の記憶もない」と述べ、起訴内容を否認した。

起訴状によると、水沢被告は昨年8月31日、長野市の自宅を訪ねてきた民生委員の70代男性を殺害しようとして至近距離からボーガンで矢を放ち、右腕と胸にけがをさせたとしている。

長野地検は水沢被告を鑑定留置。刑事責任を問えると判断し、起訴した。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…