休眠会社使い持続化給付金詐取 男2人逮捕 警視庁

産経ニュース

事業実体のない休眠会社を使い新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金をだまし取ったとして、警視庁組織犯罪対策3課は詐欺容疑で、いずれも職業不詳の天野宏(65)=東京都世田谷区赤堤=と磯辺裕樹(58)=港区高輪=の両容疑者を逮捕した。容疑を認めているという。

逮捕容疑は昨年11月26日、無関係の会社の代表取締役を装い、事業収入が減少したなどと偽って持続化給付金を申請し、200万円をだまし取ったとしている。

組対3課によると、申請に用いた会社は登記上存在していたものの、代表取締役は平成30年に死亡しており、休眠状態だった。組対3課は、磯辺容疑者が同様の手口で計約8千万円の持続化給付金をだまし取ったとみている。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は